同棲

同棲はデメリットしかない?経験者がリアルに答えるメリット・デメリット

こんにちは。
みゆ(@yun_design_)です。

同棲はデメリットしかないって聞くけど本当?
メリット・デメリットを教えてください。

今回はこのような悩みにお答えします。


この記事を書いている私は同棲歴約1年ですので、経験者目線ならではのリアルな話をお届けします。


同棲をはじめたけどイメージと違う…。
なんて事にならない為に、メリット・デメリットを一緒に確認していきましょう。

同棲をして実際に感じた5つのメリット

お金の負担が減った


お互い一人暮らしをしていたので、同棲をはじめた事で、家賃・食費・光熱費などの生活費の出費が大きく減りました。


二人暮らしをしていて光熱費は大体このくらいです。

  • ガス代 ¥4.318-
  • 水道 ¥3.033-
  • 電気 ¥5.981-


冬の為、あたたかい季節と比べると少し高めです。

生活費・光熱費・家賃の負担は軽くなりますが同棲前には初期費用がかかります。
まとまった金額がかかる事も多いのでので、あらかじめ貯金はしっかりしておきましょう。

初期費用に関して詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【2LDK】同棲の初期費用はいくら?割り勘で払った?先輩カップルが教えます。のアイキャッチ画像
【2LDK】同棲の初期費用はいくら?割り勘で払った?先輩カップルが教えます。 こんにちは。みゆ(@yun_design_)です。 同棲しようと思っています。初期費用はどのくらいかかりますか?負担割合は割り勘...

一緒に過ごす時間が増える

帰る家が同じなので一緒にいる時間が増えます。

パートナーと過ごす時間を大切にしたいと考えている方には、同棲はメリットと感じる事でしょう。

休みの前の日の夜にお菓子を食べながら、2人でゲームをする事が結構幸せだったりします。
桃鉄すると大体ケンカしますけど…笑

生活習慣・価値観を知る事ができる

同棲をすると相手の生活習慣が分かります。

一緒に暮らす事で相手の知らない一面が、良い意味でも悪い意味でも見れます。

同棲は相手の事をよく知れる期間でもあるので、「この人と結婚しても大丈夫かな」と考えられる良いきっかけになります。

同棲をして実際に感じた5つのデメリット

ひとりの時間が少なくなる


たまにですが、ひとりになりたいなと思う時があります。
でも一緒に暮らしているから、「自分だけの時間」を確保する事が難しいです。


そう思った時は、ストレスを溜めないように以下のような事をしています。

ストレス解消法
  • ひとりの時間が直接相手にほしいと言ってから出かける
  • お風呂で湯船を張ってのんびり過ごす
  • 近所をお散歩しにいく
  • ひとりでドライブしにいく

ひとりの時間が欲しい時は直接伝えた方がいいです。
相手も案外同じような事を思ってたりしますよ。

家事の量が多くなる

自分・相手と二人分の家事をしなければいけません。
量が多くなるので、役割分担は必須です。

分担を決めていないと、「家事を全然してくれない」とケンカの元にもなります。

ケンカのきっかけになりそうな要因は、早目につぶしましょう。
下記のリストもご確認ください。

  • 掃除の頻度
  • バスタオルは何回使ったら洗う
  • 食器はご飯食べたらすぐ洗う?

ケンカした時に気まずい

ケンカした時はとっても気まずい。

自分に非がある場合は認める事も大事です。
言い合いにならない程度に、自分の意見を伝えてから仲直りしましょう。

私の家ではケンカした次の日は、お菓子とかスイーツをお土産に買って「ごめんね」で仲直りしています。

いつ結婚するのか分からない

同棲を続けていくとその環境に慣れてきます。
「わざわざ結婚しなくてもこのままで良いのではないか」と感じる方も多いかと思います。


「結婚を目的に同棲する」という方は、必ず同棲期間を設けましょう。


うちは2年以内に結婚しなければ、このまま別れますと言っています。
自分と相手の大切な時間を無駄にしないようにしましょう。

同棲解消が面倒すぎる…

もし同棲解消するとなったら面倒です。

  • 二人で貯金をしていたらそのお金はどうするのか?
  • 賃貸解約はいつするのか
  • 引っ越し→家具や家電の購入をしなければならない

パッと思いつくだけで、同棲解消する時にこれだけ面倒な事をしなければなりません。

同棲はメリット・デメリットがあるけどして良かった

同棲生活におけるメリット・デメリットについての記事は以上となります。

同棲は楽しい事が圧倒的に多いですが、少なからずデメリットもあります。


自分がイメージしていた同棲生活となるべくギャップを感じないように、相手の方とよく相談をしてから同棲をはじめましょう。


当ブログでは、同棲生活について他の記事も書いていますのでぜひご覧ください。