職業訓練

【初心者向け】職業訓練とは?申込〜合格までのスケジュールを解説します。【実話】 

こんにちは、みゆです。

職業訓練校って最近よく聞くかも。
そもそも何なんだろう?


今回の記事は「職業訓練とは何か?」についてお答えします。
私は実際に職業訓練校に通い、以下の事を学びました。

  • webサイト制作(HTMLやWordpressを使用)
  • 画像加工
  • Excel&Word
  • プログラミング(JavaScriptやjQuery)
  • 就職支援



職業訓練校とは何なのか?
申込〜合格までの流れを実体験を元にして、このような悩みに答えます。

職業訓練とは?

職業訓練とは?のオリジナル画像

職業訓練の概要

職業訓練とは公的職業訓練と呼ばれています。※別名ハロートレーニング
在職者向けの職業訓練もありますが、この記事は離職者向けの職業訓練についてのお知らせします。


離職者向けの職業訓練には、大きく分けて2つの種類があります。

  1. 公共職業訓練→雇用保険(失業保険)を受給している求職者が主な対象
  2. 求職者支援訓練→雇用保険を受給できない求職者が主な対象


私は失業保険を受給し、公共職業訓練の方に通っていました。


今の時点では難しい事は置いておいて、就職に必要なスキルを無料で学べる場所と理解しておけばOKです。

なぜ無料で通えるの?

無料で学べるなんて怪しい!騙されてお金取られるかもしれない!
こんな風に考える方もいらっしゃるかもしれません。実際、私もそう思いました。


なぜ職業訓練校が無料で通えるのかと言うと、国・都道府県が実施している公的な取り組みだからです。


ただし、授業で使うテキスト代だけは自費で負担となります。
コースによって差が出るかと思いますが、私が通ったコースでは8.536円のテキスト代がかかりました。

どんなコースがあるの?

職業訓練には様々なコースが用意されていて、下記のコースが職業訓練には多くみられます。

  • web系 (インフラ・サーバ系など)
  • 事務系(Excel・Wordなどofficeソフト系)
  • 介護系
  • 医療事務系
  • 電気設備系


どんなコースがあるのかを検索したい方はこちらの公式サイトを見てください。


私が通ったのは倍率約3倍のwebサイト制作コースでした。
授業内容について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧下さい。

職業訓練校に通うまでのスケジュール

審査〜合格までのスケジュールのオリジナル画像

職業訓練校に通うまでの私のスケジュールをお伝えします。


締切間近で申込をしたので終始バタバタしていました。
私のようにならない為にも、みなさんは余裕を持って申込をして下さい。

  • 5月31日:退職
  • 7月20日:ハローワークにて求職登録する&職業訓練について知る
  • 7月29日:職業訓練校の見学に行く
  • 7月30日:ハローワークに申込書を提出&失業保険手続き
  • 8月21日:合格発表郵送日
  • 8月22日:合格通知が自宅に届く
  • 8月27日:ハローワークに行き受講指示をうける
  • 9月1日:訓練開始

職業訓練に通う為の流れ

①自分の通いたいコースを探す

まずは自分が通いたいコースを探しましょう。


コースによってある程度のパソコンスキルが必要となります。
申込書に「パソコンレベル」と記載されているのであらかじめ確認しておきます。


私は千葉県の職業訓練校に通っていました。
千葉県では3つの「パソコンレベル」に分けられています。


私が通っていたコースの「パソコンレベル」は3でした。

【パソコンレベル1】
パソコンを操作した事がない(経験が少ない)


【パソコンレベル2】
マウス操作(クリック・ドラッグなど)ができる

キーボードでローマ字入力ができる

インターネット検索、メールの送受信ができる


【パソコンレベル3】
Wordを使って文書作成ができる

Excelを使って表やグラフの作成ができる

Excelの関数を使って表計算ができる

PowerPointを使ってプレゼン資料作成ができる

ホームページが作成できる

②ハローワークに行き、求職申込を行う

職業訓練へ通うと決めたら、ハローワークでの求職申込が必要となります。
ご自宅の近くにあるハローワークへ向かいましょう。


職員の方に職業訓練に通いたい旨をお伝えします。
分からない事はそこで色々と質問をする事をおすすめします。


また、失業手当てを受給する際に前職の離職票が必要となります。
すでに手元にある方は問題ありませんが、無い方は勤めていた職場に取寄せ依頼をする場合があります。


このような理由により、開講月の2〜3ヶ月前には求職申込を済ませた方が良いです。

③通いたい訓練校の見学に行く

通いたい訓練校を見つけたら、必ずその訓練校の見学に行きましょう。
自分の目で訓練校の雰囲気・授業風景など確かめる事ができるからです。


・訓練校の先生の態度が悪いかもしれない
・授業の説明が分かりにくいかもしれない


見学に行かないとそれらは知る事ができません。


訓練校は3ヶ月〜6ヶ月など長期にわたります。
自分に合っていない訓練校を選んでしまうと、大切な時間を無駄にしてしまいます。


見学に行った際服装の指定は無かったので、オフィスカジュアルで行きました。

④受講申込表に志望理由などを記入する

面接が無く書類選考のみで合格者を決めるというコースもあるので、申込表の記入はかなり重要です。


倍率が気になる方は申込の際、ハローワーク職員の方にどれぐらいの方が応募されているのか参考程度に伺っても良いかもしれません。


訓練校に通っている時に先生から聞いた話だと、私が通っていたコースは20名の定員に対し59名応募してたそうです。

志望動機をどうやって書くのか悩んでいる方は、倍率約3倍の職業訓練校に合格した私の実際の志望動機を参考にしてください。

⑤管轄のハローワークに申込表を提出しにいく

通いたいコースが決まったら申込期限までに、受講表を提出しないといけません。
自分が住んでいる住所の管轄ハローワークに提出に行きます。


申込期日については、受講申込表が付属されている冊子に記載されています。
1日でも期日を過ぎてしまうと申込ができませんので、余裕を持って申込してください。

⑥面接・筆記試験

私が通っていたコースでは、現在の社会情勢的に面接が中止となりました。


面接日の1週間ほど前に、「書類選考のみで合格者を決めます。」というような内容の郵便が届きました。


このような特例もあるので、応募書類は丁寧に書くように心掛けましょう。

⑦合格・不合格通知郵送

合格・不合格の結果が自宅に郵送されてきます。
通知をいつ発送するかは、職業訓練について記載のある冊子に書いてあります。


合格の場合は、職業訓練をうける為に必要な書類を何日までに用意してください。
といった内容の書類が入っています。


合格通知は後々、ハローワークに提出をします。
紛失しないようにご注意ください。

⑧受講指示

受講指示といって管轄ハローワークに必要書類を持っていき、訓練校をうける為の手続きをおこないます。


この受講指示を行わないと、職業訓練校に通う資格が得られません。


持参する持ち物に関しては、都道府県により異なる可能性があります。
合格通知に記載されているものを確認・ハローワークに問い合わせをするなどの対応を行いましょう

まとめ



職業訓練校とは何か?どうやって通えばいいのか?
という疑問に対し解説をおこないました。


私は職業訓練校に通い、このブログを運営できるぐらいの知識を身につけました。
無料でスキルを身につけ、自分自身の成長に繋げていきましょう!